人気ブログランキング |
Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffe/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
pane/パン
latte yogurt/牛乳など
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
カルボナーラ研究所
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
VIRTUOSISMO STRUMENTALE DELL'OTTOCENTO

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
シンプルでとっても美味しいひよこ豆と大麦のミネストラ
イタリアのほぼ全土に、シンプルで非常に美味しく、優しい「ミネストラ」と言う野菜のスープがあります。

基本は、玉ねぎ、セロリ、ニンジンに少量のトマトで、それにインゲン、ソラマメ、ジャガイモ、キャベツ、ズッキーニ、米、スペルト小麦(farro)などが入ります。

日本で有名なのは「ミネストローネ(minestrone)」と言うスープがあります。
イタリア語では「ごた混ぜ」と言う意味があるので、どんな野菜でも一緒に煮込んでしまう感じ、具が多い感じなんだと思いますが、イタリアのレシピではもっとシンプルで基本な「ミネストラ(minestra)」が一般的だと思います。

辞書を見ていたら「ミネストラ(minestra)」の動詞を発見しました!
「ミネストラーレ(minestrare)」と言う単語で「スープを注ぐ」「食べ物を食卓に運ぶ」と言う意味らしいです。

また、「リボッリータ(ribollita)」と呼ばれる、スープがほとんど無くなり「再び煮込んだ(ri+bollita)」ような、フィレンツェやアレッツォに伝わるミネストラがあります。
これは、「Minestra di pane per la ribollita」や「Ribollita Toscana」と呼ばれ、白いんげんを入れたミネストラにトスカーナパン(無塩パン)をしっかり浸し、再び煮込んだり、オーブンで焼いたりする事から「Ribollita(リボッリータ)」と呼ばれています。

今回は、ひよこ豆と大麦を使ったミネストラを作ってみました。

b0189103_23371924.jpg


ひよこ豆(ceci:チェーチ)は、イタリアでもよく食べられていますが世界の多くの国でも食べられている豆です。
さらに、コロッとした形も可愛らしいです。

大麦(orzo:オルツォ)は、日本でも麦茶、ビール、焼酎、醤油、味噌などに使われているので馴染み深い穀物ですが、イタリアではノン・カフェインのコーヒー(Caffè d'orzo:カッフェ・ドルツォ)、ビスケットなどにも使われる穀物です。



ひよこ豆と大麦のミネストラ
Minestra di orzo e ceci (ミネストラ・ディ・オルツォ・エ・チェーチ)

>>材料<<
・ひよこ豆(水煮の缶詰)
・大麦(殻が外れた乾燥している物)
・玉ねぎ
・セロリ
・ニンジン
・トマト(トマトペースト、又はトマト缶)
・オリーブ油
・塩



>>作り方<<
1:玉ねぎ、セロリ、ニンジンを細かく刻む。
2:鍋にオリーブ油を入れ、玉ねぎとセロリを入れ弱火で炒める。
3:炒めてから香りがまとまってきたらニンジンを入れる。

4:ニンジンに軽く火が通ったら、トマトペーストを入れる。
5:トマトペーストが少し煮詰まったら水を入れる。
6:乾燥した大麦を米をとぐように水洗いする。

7:鍋の中のお湯が沸騰したら、洗った大麦を入れる。
8:大麦が膨らんできたら、水煮のひよこ豆を入れる。
9:味見をし、塩で味を調えたら出来上がり。


調理時間:30分くらい


※玉ねぎ:セロリ:ニンジンの割合は、2:1:1くらいが良いと思います。

b0189103_23493588.jpg
写真:日本で料理をしました。

大麦はふっくら膨らみ食感がよく、スープを含んで非常に美味しいです。
殻を剥いたソバの実でも、同じように膨らみ美味しいスープの具になります。
by primo_piatto | 2011-07-22 01:18 | イタリアの郷土料理
<< 川平湾の砂浜で食べたチキンライス 沖縄の乳酸飲料? >>