Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリアの朝食・・・その3
僕の好きな朝食は、甘い食品を少し食べる事です。

日本の塩気の強い朝食は、少し苦手です。

イタリアに居た時は、お気に入りのバール(bar:喫茶店のようなもの)へ行きカプチーノ(cappuccino:カップッチーノ)とブリオッシュ(brioche:イタリアの甘めのやわらかいクロワッサンのようなもの)を食べるのが好きでした。

お気に入りのバールでの雰囲気を紹介したいと思います。

このバールは、ミラノの住宅街にある普通のバールです。


まず、店に入ったらレジでブリオッシュとカプチーノの料金を払います。
(場合によっては、食べ終わってから支払っても大丈夫ですが、店によって違ったり、常連さんだから出来る技だったりするので、お店の人に聞きましょう)

カウンター内のオーブンで焼いたばかりのブリオッシュを棚から自分で取り、空いているカウンターのお気に入りの場所でバリスタ(barista:バールで働く人)に注文をします。
b0189103_188383.jpg
写真:カウンター内にペットボトル入りの牛乳がおいてあります。

b0189103_1884342.jpg
写真:この時はチョコレート入りのブリオッシュを選びました。

この店で9種類以上のブリオッシュが毎朝焼かれています。
中には、甘くない塩気のあるブリオッシュも置いてありますが、やっぱり人気は甘いブリオッシュです。
b0189103_1893053.jpg
写真:焼かれたばかりなので、中のチョコレートが溶けています。

このときは、ブリオッシュが0.90ユーロ(100円くらい)でカプチーノが1.20ユーロ(130円くらい)でした。


多くのイタリア人は、パッと食べてすぐに帰ってしまいます。


そういえば、イタリアではカプチーノを朝(午前中)にしか飲みません。
朝以外は、エスプレッソまたは、カプチーノより牛乳の量が少ないカッフェ・マッキアート、ラッテ・マッキアート、マロッキーノなどを飲みます。
b0189103_1895070.jpg
写真:8時過ぎには、お客さんがまばらになります。
このときは、カウンターに大きな復活祭用の大きな卵形のチョコレートが置かれていました。


イタリア人の多くはカウンターで食事を済ませます。
日本で言うと駅の立ち食いソバなどに似ているかもしれません。
[PR]
by primo_piatto | 2010-07-03 13:22 | colazione/朝食
<< みんなの友達!ヌテッラ Lazio - DOCG - DOC >>