Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリア限定?赤いファンタ
イタリアで不思議なことがあります。

イタリア語で外国語を表すときは、男性形を使うのが普通ですが、なぜか「コカ・コーラ」と「ファンタ」は、女性形です。

イタリア人に言わせると「コカ・コーラはイタリア語で英語だとコークだろ!」と言い張ります。。。



それはさておき。。。


b0189103_10553765.jpg



実は、僕は日本の炭酸飲料を飲むことが出来ません。

しかし、イタリアのものは飲むことが出来ました。


炭酸が強いとか弱いではなく、質が違うように感じます。
イタリアの炭酸飲料は、発泡性のミネラルウォーターのようなやわらかさがあります。(もちろんメーカーによって違います)

日本の炭酸飲料を口に入れた時の感じが四角だったら、イタリアの炭酸飲料は丸く感じます。

もしかしたら、日本の炭酸飲料が好きな人は、何か物足りなさが感じるかもしれません。



b0189103_10555883.jpg



コカ・コーラ社製のイタリアの赤いファンタは、Arancia Rossa(アランチア・ロッサ:ブラッド・オレンジ)味です。

日本の炭酸飲料に比べたら果汁が多いので美味しいです。
(確か12%ぐらいです)

これも、日本の炭酸飲料が好きな人には、、、どうなのでしょうか?


このファンタの果汁は、
普通のオレンジとブラッド・オレンジの割合が「3(オレンジ):1(ブラッド・オレンジ)」になっています。



ヨーロッパ全域でそうだと思いますが、そもそも冷たい飲料水という物の考え方が少なく、冷えていても「常温よりはちょっと冷たいかな?」と言う程度です。
炭酸飲料でも同じです。


僕は普段から冷たい飲み物をあまり飲まないので、常温状態の炭酸飲料でも美味しくいただけます(日本では果汁や甘味料の関係で無理だと思います)。
普通の日本人だと、考えられないかもしれませんね。



ちなみにペットボトル自体に色がつけられているため、赤色がとても目立ちます。
[PR]
by primo_piatto | 2007-05-01 15:59 | bevanda/飲み物
<< 肉屋さん。。。マチェッラーイオ 食べたくなる味 その1 >>