Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリアの野菜/2009年のイタリア。。。その8より
イタリアの野菜


イタリアにはたくさんの種類の野菜があります。
日本で見慣れた野菜や見慣れない野菜まで。。。

その季節にしか味わえないたくさんの野菜には、それぞれの味があります。
日本のように「食べやすく」「甘く」。。。と改良された味の無い野菜たちとは、まったく違う物に感じます。


それにあわせた食べ方は、地方によって違います。


たとえば、ソラマメ(fave)の食べ方で一番変わっているのは、トスカーナ州の食べ方かも知れません。

ソラマメは、大きくなった新鮮なものを使います。
サヤからソラマメを出し、Pecorino toscano(ピエンツァ産の羊のチーズ)のチーズを一口サイズに切り、皮をむいた生のソラマメとチーズを一緒に食べます。
採れたての新鮮なソラマメだから出来る、食べ方なのかもしれません。。。

b0189103_1235546.jpg
写真:アンコーナで購入したソラマメは、サヤの長い種類でした。

むいてみると・・・
b0189103_12361195.jpg
写真:とても小さな粒のソラマメでした。
b0189103_12364067.jpg
写真:若いソラマメで新鮮だったのでとてもきれいな色をしています。




b0189103_1237458.jpg
写真に写っているほかの野菜は、どのように料理をされたか・・・


b0189103_12373658.jpg
写真:アンコーナではcicoria cimata(チコーリア・チマータ)ミラノではcatalogna spigata(カタローニャ・スピガータ)ローマなどではpuntarella(プンタレッラ)と呼ばれるチコリの一種は、にんにくとオリーブ・オイルでシンプルに炒めてもらいました。

食べる時に、塩茹でしたソラマメをペースト状にしたソースをかけて食べました。

b0189103_1238668.jpg
写真:erbetto agretto(エルベット・アグレット)やbarba di frate(バルバ・ディ・フラーテ)などと呼ばれるオカヒジキは、一度軽く塩茹でして、食べやすい大きさに切り、フライパンで炒めたパンチェッタに絡めました。

日本のオカヒジキは、繊維質が硬くなかなか噛み切れないですが、イタリアのオカヒジキは、ほうれん草に近い感じです。


b0189103_12383121.jpg
写真:cima di rapa(チーマ・ディ・ラーパとも呼ばれる菜の花は、シンプルなパスタになりました。

日本の菜の花でも同じように作れます。
塩気を少し減らして、食べる時に摩り下ろしたチーズをまぶしてもおいしいです。


海外で見慣れない野菜があったら、売っている人や買っている人に「どのように調理するか」聞いても良いと思います。
または、生や少し塩湯でしたものをかじってみるのも良いかもしれません。

さらに会話が出来そうな場合は、さらにそれに合わせて一緒に食べる料理などを聞くと、意外な組み合わせと喜びを見つけられるかもしれません。
[PR]
by primo_piatto | 2009-03-19 07:59 | verdura/野菜
<< ミラノで一番好きだったピッツァ アーティチョーク/2009年の... >>