Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ゴルゴンゾーラのリゾット
Risotto al gorgonzola (リゾット・アル・ゴルゴンゾーラ)


リゾットは、「Primo Piatto(プリモ・ピアット:第一の皿)」と呼ばれる、メイン前の料理に属します。
パスタ類も「Primo Piatto(プリモ・ピアット:第一の皿)」なので、リゾットとパスタが同時に出てくることは、まずありません。
ただし、menu degustazione menu inclusaなどのコースを頼むと「Primo Piatto(プリモ・ピアット:第一の皿)」が2回あるときなどに、まれに同時に出てくることがあります。


「ゴルゴンゾーラのリゾット」は日本でも有名な料理のひとつになりましたが、北イタリアのレストランでは見かけることがあっても、中部から南イタリアではほとんど見かけることがありません。
ローマなどの大きな街では、観光客向けに出しているレストランもあると思いますが、現地の人はあまり口にしない料理だと思います。

ゴルゴンゾーラ(gorgonzola)は、北イタリアのミラノ郊外のゴルゴンゾーラ村(地下鉄2号線で行けます)で出来たと言われ、ロンバルディア州からピエモンテ州にかけて現在でも作られている青カビが特徴のチーズです。

ゴルゴンゾーラのリゾットは、ロンバルディア州料理(cucina lombarda:クチーナ・ロンバルダ)のひとつでイタリア全土で食べられ料理ではありません。
北イタリアの人でも「重い」と言って食べない人がいるくらい、特徴のある料理のひとつです。



>>材料<<
・米
・ゴルゴンゾーラ (甘口、辛口のどちらでも良い)
・玉ねぎ
・ブイヨン
・辛口白ワイン
・塩
・牛乳 (無くても良い)
・バター (無くても良い)



>>作り方<<
1.フライパンにオリーブ・オイルを引き火をつける。
2.フライパンがあまり熱くなる前に、粗みじん切りにしたたまねぎを入れる。
3.焦げ目が付かないように透明になるように炒める。

4.水で洗ったりしないそのままの米をフライパンに入れる。
5.米が焦げないように透明になるように炒める。
6.白ワインを入れアルコール分を飛ばす。

7.野菜のブイヨン・スープを入れる。(野菜の固形ブロードでも良い)
8.出来上がりの水分を考えながら、米が煮えるまでスープまたはお湯を追加し続ける。
9.米が茹で上がる前にゴルゴンゾーラ(Gorgonzola)を入れる。少し小さくしたものを入れたほうが溶けやすい。

10.やわらかさを調節ために牛乳を追加する。味見をして塩をする。
11.最後に塩分の少ないバターを少しだけ入れても良い。

大体13~15分くらいで米が茹で上がるので、調理時間は20分ぐらいです。


b0189103_10495392.jpg
写真:イタリアで作ったものです。


以前、書いた「アスパラガスのリゾット」へ
「ゴルゴンゾーラ。。。gorgonzola」 >>準備中<<


イタリアのゴルゴンゾーラ協会のサイト
[PR]
by primo_piatto | 2009-05-10 15:56 | primo piatto
<< イタリアのニンニクを知っていますか? 火を使わないエスプレッソマシーン!? >>