Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ristorante osteria( 8 )
トリノにお気に入りの食堂が出来ました! ダイ・サレッタ
思い出がいっぱいのトラットリアになりました。
b0189103_1574616.jpg
写真:2012年3月21日

TRATTORIA DAI SALETTA
Via Belfiore 37 Torino
tel 011 668 7867

トラットリア・ダイ・サレッタ
ベルフィオーレ通り 37
[PR]
by primo_piatto | 2014-02-15 16:23 | ristorante osteria
トリノのあのお店に再び行けました!
去年、トリノで見つけた食堂。
お気に入りの一軒になりました。

今年もとっても幸せな時を過ごせました。
美味しかったな~。

b0189103_1475926.jpg
写真:ピエモンテ州料理の前菜盛り合わせ
2013年4月23日

お店の詳細については、またいつか。。。
[PR]
by primo_piatto | 2013-05-12 02:12 | ristorante osteria
トリノの歴史のひとつ、カッフェ・プラッティ
急に決まったので短期間でしたがイタリアへ行ってきました。

朝食を食べにカッフェ・プラッティへ行ってきました。

ピエモンテ州のバールの雰囲気が好きです。
立ち飲みでおしゃべりをしている雰囲気が好きです。
犬だって人と同じようにバールに来る事が出来る、それが普通の景色なのです。

b0189103_20184356.jpg
写真:2013年4月24日

>>info<<

Caffè Ristorante Platti - locale storico nel 1875
Corso Vittorio Emanuele II 72
[PR]
by primo_piatto | 2013-05-09 20:43 | ristorante osteria
ピエモンテが作った新しいファストフードの形
先日知り合ったばかりのトリノ王立歌劇場のバス・クラリネット奏者のエドモンドさん(トリノ生まれ)に面白いところへ連れて行ってもらいました。

b0189103_17303452.jpg
「M**BUM SLOWFASTFOOD」とファストフードの店へ行きました。

店名は「マク・ブン」と読みます。

「マクドナルド」をもじっていると思いますが、ピエモンテの方言らしいです。
エドモンドさんが店内で「なんて訳したらいいのだろう?」と言いながら演じてくれました。
「これはおいしい!(SOLO BUONO!)」みたいな感じで「MAC BUN!」と言うようです。

この店で使われている食材のほぼすべてはピエモンテ州で作られたもので、スローフード協会発祥の州なので「SlowFastFood」と書かれているようです。
b0189103_17311531.jpg
店内は小さな子供から大人までたくさん居ました。

メニューは、、、
・9ユーロ
パニーノ(ハンバーガーの事です)+ポテト+飲み物(アルコール以外の飲み物)
・10ユーロ
パニーノ+ポテト+コカコーラ(500cc)または、ビール(300cc)または、ワイン(200cc)
・11ユーロ
パニーノ+ポテト+ビール(500cc)または、ワイン(500cc)


パニーノ
・Chiel (牛70%+豚30%)+レタス+トマト
・Guste mach da Suta (牛70%+豚30%)+レタス+トマト+たまねぎ
・Tuma (牛70%+豚30%)+レタス+トマト+ターマ(ピエモンテ州のチーズ)
・Pulastr (鶏100%)+レタス+トマト
・Mach del Ort ナス+トマト(ソース)+パルミジアーノ(チーズ)
・M**Bun (牛100%)+レタス+トマト
・Sensa Cognisun (牛100%)+レタス+トマト+Bogna Caoda(チーズの種類?)

・Aperitivo(おつまみ) ミートボール+ポテト+飲み物
・子供用 ハンバーガー+ポテト+飲み物+おもちゃ
・子供用 ミートボール+ポテト+飲み物+おもちゃ

そのほかに肉のみ、ロビオーラというチーズのオーブン料理、タルタルステーキ(生肉)、スープなど
b0189103_17322196.jpg
最もシンプルな「M**Bun」にトマトソースをかけてもらいました。

ポテトもとってもシンプルで美味しいです!
b0189103_17325561.jpg
生肉を食べる地域の新鮮な牛肉だから出来る、少しレアのハンバーグが挟まっていました!
[PR]
by primo_piatto | 2012-04-10 18:24 | ristorante osteria
マチェラータのカッフェ・ヴェナンツェッティ
マチェラータの中心地にカッフェ・ヴェナンツェッティと言う落ち着いた雰囲気のバールがある。
b0189103_7154837.jpg

気になっていたら、やはり有名なバールだった。
b0189103_7161810.jpg
イタリアでは珍しくきれいな模様のカプチーノだった。
b0189103_7174590.jpg
常連のおじいさま方はとても長いカウンターより、入り口近くにおいてある新聞を立ち読みしている。
b0189103_7165387.jpg
朝食の定番、ブリオッシュも美味しかった。
b0189103_7201147.jpg
ショーケースの中の商品が少ないときには、ナフキンがきれいに飾ってある。

Caffè Venanzetti
Via Gramsci 21-23
tel 0733236055
chiuso lunedi
orario 7.00-21.00

カッフェ・ヴェナンツェッティ
グラムシ通り 21-23番
電話 0733236055
休み 月曜日
時間 7:00~21:00
[PR]
by primo_piatto | 2012-03-15 08:00 | ristorante osteria
ヴェネツィアのレストランのディスプレー
日本ではレストランの前にロウ細工などのディスプレーがガラスに並んでいる風景を良く見かけます。

イタリアでレストランは、ディスプレーがあることが珍しいですが、ヴェネツィアは観光客が多いからかレストランのディスプレーを見ることが出来ます。

日本ではあまり見かけない並べ方をしていますが、日本と同じで魚の顔を左向きに置いているのが不思議です。
魚の向きは万国共通なのでしょうか?
b0189103_17583133.jpg
写真:マス、カレイ、アンコウ、オマール海老が並ぶ中にヴェネツィアの近くにあるトレヴィーゾで生まれた「トレヴィーゾの花」と呼ばれる紫キャベツの仲間が並んでいます
[PR]
by primo_piatto | 2012-02-28 18:16 | ristorante osteria
ミラノのインド料理店
お気に入りのインド料理店です。
この店は、イタリア人の味覚に少しあわせているのか辛さは控えめですが、上品なッ香辛料の使い方が素晴らしく、汁気のあるカレーではありませんが日本で食べるインド料理より美味しかったです。

ランチはかなりお得です。
最後に行った時は、写真に全て写っている料理で(飲み物も含む)12ユーロくらいだったと思います。

b0189103_2461052.jpg


b0189103_2465483.jpg


b0189103_2472817.jpg


b0189103_248091.jpg



RISTORANTE INDIANO TAJ MAHAL

Via Porro Lambertenghi 23
tel : 02-69000245
[PR]
by primo_piatto | 2011-02-11 13:17 | ristorante osteria
シエナの小さな食堂
Osteria Il Grattacielo

トスカーナ州、フィレンツェの近くにあるシエナという小さな街は、僕が初めて住んだイタリアの街です。

街中を散歩するのが好きでした。
小さな街には、たくさんの楽しみがありました。

美味しい食堂もたくさんありました。

その中でも古いシエナの特徴とも言える食堂(Osteria:オステリアと書いてあります)が表通りからほんの少し入った路地にひっそりあります。

とにかく安く、シエナの特徴ある食事が出来ます。

b0189103_20285834.jpg
写真:相席したパドヴァの人とトスカーナの人

店内に入るとカウンターがあり、そこで今日のお勧めを聞き自分の食べたい量を注文をします。

その日、その時によってメニューはさまざまです。

メニューのほとんどは、tavola fredda(ターヴォラ・フレッダ)と呼ばれる冷たい料理(前菜など)ですが、本当に地元のものを使っているので真の「シエナの味」を味わうことが出来ます。


例えば・・・
シエナ周辺のサラミやチーズ:salumi e formaggi
スペルと小麦のスープ:zuppa di farro
ニンニクのピーチ(シエナの太いパスタ):pici all'aglione
マレンマ(シエナの南の地域)風のミートソース:maremmani al ragù


注文したお皿を受け取り、ワインや水を注文し、レジで会計をしたら店の外に並べてある長テーブルに持って行きます。
もし、先客がいたらちょっと一言をかけて隣にお邪魔をします。

あとは、おしゃべりをしながら、街の雰囲気を楽しみながら食事をします。


b0189103_2030585.jpg
写真:生サラミ(サルシッチア)、パンツァネッラ(トスカーナパンを使ったサラダ)、きのこのオイル漬け

相席をしたパドヴァの人とトスカーナの人といろいろな話をしました。
地域のリゾット(パドヴァの方ではかぼちゃと小エビのリゾットがあるらしい)や美味しい食べ物など・・・

そのうち、この食堂の生ハムの話になった。

「生ハムと何を組み合わせるかが大事だ。今日はイチジクがあるらしいから絶対食べた方が良い」と・・・

頼みに行ったら、こんな風に盛り付けをしてくれました。
b0189103_20302921.jpg
写真:トスカーナの生ハムと白イチジク

トスカーナの生ハムは、野性味あふれる肉らしい生ハムです。
一度、フィレンツェでトスカーナの生ハムとメロンの組み合わせを食べたことがあったのですが、どうしても生ハムの味が強すぎてメロンが負けてしまい「組み合わせ」を楽しめるものではありませんでした。

しかし、甘みの強い地物の白イチジクとしっかりしたトスカーナの生ハムの組み合わせは、これ以上ないという「組み合わせ」でした。

そういえば、フィレンツェでトスカーナのサラミと白イチジクの「組み合わせ」が美味しかったのも思い出しました。


b0189103_5435882.jpg


Osteria Il Grattacielo
via dei Pontani, 8 - Siena -

Tel - 0577 289326
Cell - +39 334.6311458
Aperto tutti i giorni
orario continuato dalle 8 alle 15


オステリア・イル・グラッタチエーロ
ポンターニ通り8 シエナ

電話:0577 289326
携帯:+39 334.6311458
営業日:ほぼ毎日
営業時間:8~15時


Grattacielo(グラッタチエーロ)は、「超高層ビル」や「摩天楼」という意味です。


写真:2007年8月28日シエナ
foto @ 28.08.2007 - siena



ここから下の写真は、flickr migliosaに掲載されていた「オステリア・イル・グラッタチエーロ」の写真を借用させていただきました。

この食堂の雰囲気が伝わる、とてもすばらしい写真です。



b0189103_0305955.jpg
写真:食堂の正面も小さいが店内もものすごく狭いです。
こんな風景をよく見かけます。


b0189103_031149.jpg
写真:店内の食事が出来る場所は常連さんの場所なので、普通の人は表の通りに並べられたテーブルで食事をします。
こんな感じで斜めでも気にしません。
それがシエナの味なのですから!
[PR]
by primo_piatto | 2010-03-06 04:31 | ristorante osteria