Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:italia/イタリア( 12 )
イタリアのスーパーで見かけるお寿司
イタリアの大きな街のスーパーだけではなく、比較的小さな街のスーパーにまで日本の地名の書かれたお寿司が売られているのには驚きました。

美味しいのか、食べていないので分りませんが・・・
b0189103_1227487.jpg


YAMA SUSHI
[PR]
by primo_piatto | 2012-05-30 04:33 | italia/イタリア
復活祭の料理 終わり
イタリアの復活祭は、誕生を象徴している「たまご」とキリストを象徴している「子羊」が食卓に並びます。


b0189103_13453226.jpg
写真:ファビオさんの家の壁に飾られていたたまご。


b0189103_22373665.jpg
写真:お世話になったファビオさん一家。

b0189103_13432842.jpg
写真:外でじっと待っていたネコ。

b0189103_13433070.jpg
写真:こんな風景を走りぬけ街へ帰ります。
[PR]
by primo_piatto | 2012-04-28 17:30 | italia/イタリア
復活祭の料理 デザート
復活祭の料理ももうすぐ終わりです。

まず、イタリアの復活祭と言ったら「コロンバ・パスクゥアーレ(Colomba pasquale:復活祭の鳩)」と呼ばれる、ミラノ発祥の菓子パンの一種です。
クリスマスに食べられる「パネットーネ(Panettone)」と同じような生地で鳩を模しています。
重さは1~2kgあります。
b0189103_13364820.jpg

さらにチョコレートで出来たコーヒーカップが載ったケーキが出てきました。
b0189103_13364974.jpg

カプチーノのセミフレッドのようなケーキでした。
b0189103_1337456.jpg

そして、復活祭のメイン・イヴェント!
復活祭の象徴「たまご」の形をしたチョコレート
b0189103_13374324.jpg

お父さんが手刀で一気に割ります。
b0189103_13382590.jpg

子供用の卵にはおもちゃが入っていますが、大人なので・・・
b0189103_13382030.jpg


イタリアのおいしい復活祭はこれでおしまいです。
[PR]
by primo_piatto | 2012-04-28 13:54 | italia/イタリア
復活祭の料理 第2の皿
ファビオさんが「外に肉を取りに行くぞ!」と男性人だけで外へ出ました。
庭にファビオさんの作った薪オーブンが!!
b0189103_2355669.jpg

鶏肉と子羊肉がら焼きあがりました。
b0189103_2355074.jpg

焼きあがった肉は急いでキッチンへ運びました。

美味しそうな子羊です。
b0189103_2364279.jpg

復活祭の象徴は「たまご(誕生)」と「子羊(キリスト)」です。

その子羊(草を食べる前の羊)を料理します。
子羊をトスカーナ州などの中部では「agnello(アニェッロ)」、ローマでは「abbacchio(アッバッキオ)」と呼びます。

地域や家によって味付けや料理方法に多少差がありますが、じっくり火を通していくオーブン焼きがとても美味しいです。
b0189103_2373329.jpg
食べやすい大きさに切り分けます。

そして、至福の時です。
b0189103_2375378.jpg

鶏肉の写真を撮り忘れてしまいました・・・

うさぎと黒オリーブのオーブン焼きもとっても美味しかったです。
b0189103_2381417.jpg


付け合せはジャガイモのオーブン焼きです。
イタリアのオーブン焼きはとっても美味しいです。
b0189103_2383314.jpg


サラダにかけてくれた、熟成期間の長いバルサミコ酢はトロッとして、蜜のような甘さがとても美味しかったです。
b0189103_238547.jpg

[PR]
by primo_piatto | 2012-04-28 11:29 | italia/イタリア
復活祭の料理 第1の皿
おばあちゃんの作った、ラザーニャ(Lasagna)が運ばれてきました。

b0189103_225575.jpg
アーティチョーク(Carciofi:カルチョーフィ)とイタリアのソーセージ(Salsiccia:サルシッチャ)とベシャメルソース(Besciamella:ベシャメッラ)のラザーニャ。

b0189103_22519100.jpg
キッチンで元の大きさを見せてもらいました。

b0189103_22621.jpg
ファビオさんの作った赤ワインは「ほんとうに自家製かな~?」と思うくらい綺麗で美味しい赤ワインでした。
[PR]
by primo_piatto | 2012-04-20 02:27 | italia/イタリア
復活祭の料理 始まり
イタリアに住んでいる友達の知り合い?先生?ファビオさんが復活祭に招待してくれました。
b0189103_212732.jpg
ファビオさんの家は、とっても静かな田舎にあり、たくさんの動物たちがいました。

b0189103_221843.jpg
ファビオさんの作った自家製の赤ワインと白ワイン(絞った後に少し時間がかかってしまい色が付いてしまったようです)が綺麗にセッティングされていました。

b0189103_210359.jpg
敷地内にブドウ畑もあり、このブドウでワインを造ったそうです。

b0189103_23027.jpg
みんながそろったので食事が始まります。

b0189103_232953.jpg
自家製のラグーを載せたパイとパイをソーセージに巻いたもの。

b0189103_235071.jpg
おばあちゃんの作った、小さなサイズの色々なパン。

b0189103_27066.jpg
ウンブリア州、マルケ州で復活祭に食べられる「ピッツァ・ディ・パスクア(Pizza di Pasqua)」と呼ばれるチーズ入りのパン。

円筒形(キノコ型?)のパンなのですが、なぜか「ピッツァ」と呼ばれています。
[PR]
by primo_piatto | 2012-04-20 02:23 | italia/イタリア
イタリアの学校給食と食育から学ぶ事・・・
日本の学校給食がテレビに流れる事が多くなりました。
学校給食その物だったり、給食費未納のニュースだったり・・・

あまり知られていないイタリアの学校給食について・・・

イタリアでは、各自治体によって様々あり「これがイタリアの学校給食です」とはなかなか言いいれませんが、僕の知っている範囲で・・・


・全ての生徒が食べなくても良い。

ほとんどの学校が昼食前(13時ごろ)に終わるので、学校で給食を食べるのは午後にも授業がある子供達だけです。
自分の子供には自分が作った物を食べさせたいと願う母親も多いので、家に戻って食べる子供も多いです。

学校で給食を食べる場合は、市役所(市の施設)などに行きあらかじめ必要な日数分の食事券を買いに行きます。

もちろん全ての学校でこのようなシステムをとっているわけではありません。。。


面白い映像がyoutubeにありました。

これは、イギリス人料理人Jamie Oliver(ジェイミー・オリバー)が2005年にBBCの製作した「ジェイミー・オリヴァーの給食革命!」に日本語字幕版をつけたものです。
この番組は、2005年にイギリスで放送し大きな反響を呼びました。

彼の活動(テレビ番組ですが)に賛同した27万人以上の署名をブレア首相に提出し、英国政府は給食改善のための予算増額を発表したほど、大きな反響のあった番組です。

その後、Jamie Oliverは、母国イギリスから最も食文化のかけ離れたイタリアへ「食文化」を感じる旅にでて(BBC製作の「ジェイミー・オリヴァー イタリアに魅せられて」という番組ですが)、その模様も大きな反響を呼びました。




b0189103_5375855.jpg

プーリィアPuglia)州


この映像を見て・・・

Jamie Oliverの公立学校のキッチンで作られているのは、食事の量を見ると周辺の中学~高校、大学用を作っているように見えます。
大きなパットに入れられたものは、大きな学食用(ブッフェ・スタイル)、1つ1つ分けているのは食券を購入した子供用のお弁当だと思います。


「パスタや油は全て有機食材(Bio:ビオロジコ)」→ほとんどオリーブ油と考えると普通かと・・・
※プーリィア州は、非常に優秀なオリーブ油が作られる土地です。

「揚げ物(プライド・ポテト)」と言う言葉が出てきますが、プーリィア州の伝統料理に「揚げ物」が存在するので、この場合は「加工された(冷凍)食材の揚げ物が無い」と思った方が良いかもしれません。
特に、フライド・ポテト(冷凍されているものが多い)を指していると思います。


動画の中で「マックが3ヶ月でつぶれた」と言っていますが、あくまでも「この街」と強調しています。
(注意:イタリアの大きな街や観光客の多い街では、マクドナルドなどのファストフード店は存在します。)

イタリアでは、街ごとに食文化が違うので調理をしているおばちゃん達も「この街では」と言っています。


その後、幼稚園での食事風景に・・・

「3皿のコース」と言うのは、「前菜・パスタ(リゾットもここに属します)・デザート」又は「前菜・メイン(肉料理など)・デザート」「パスタ・メイン・デザート」と言う、イタリア料理の「流れ」です。

ごく普通の家庭やレストランの伝統的なイタリア料理は、「前菜・パスタ(プリモ・ピアット:第1の皿と言われる)・メイン(セコンド・ピアット:第2の皿と言われる)・デザート」と言う流れが一般的です。

出されるイタリア料理の「流れ」です。


幼稚園での給食は、ちょっと特殊かもしれません。
おそらく、1週間のうちの1日だけの給食に日かもしれません。

子供達はびっくりするくらい行儀よく食事をしています。


>>子供達に質問した野菜<<
pomodori(ポモドーリ)トマト、ちゃんと複数形で言っています(何人かの子供は「pomodorini(ポモドリーリ)ミニトマト」と言っているように聞こえます)

・melanzana:メランザーナ:ナス

peperone(ペペローネ)パプリカ、ピーマン(何人か「peperoni:ペペローニ」と複数形で答えています)

carciofo(カルチョーフォ:単数形)アーティチョーク、アザミのつぼみ

finocchio(フィノッキオ)フェンネルの肥大した根の部分(イタリアではポピュラーな野菜です)を食します。


イギリスとイタリアの食文化を比べるのは・・・なんとも言えないですが、、、
15歳の子供がねぎを知らないイギリスの子供達って・・・
食に関心が無いのかも知れないですね・・・

そして、最後の言葉が・・・
「だから、イタリア人はみんな食通なんだ」と言っていますが、イギリス人がひどxx・・・だと思います。



以前、スローフード協会主催の「学校給食を考える」というシンポジウムが行われていた事を思い出しました。

僕は、以前「イタリア・スローフード協会」の会員でした。

スローフードと言うのは、「守る・教える・支える」

「イタリア伝統の食材(ワインも含む)、料理を守る」
「イタリア伝統の味を多くの人(子供を含む)に教える」
「イタリア伝統の素材を生産している小生産者を支援する」

と言う考えから様々な活動が行われています。


日本で「食育」と言う言葉が作られ、多くの場合は「子供のため」と言う考えから「学校給食」で食生活や食について知識をなどを教えられているように感じます。
でも、ちょっと変だと思いませんか?

確かに、子供のうちから「食」と言うものについて知っていれば、将来的には「食の知識」は増えると思います。
でも、子供のうちに「食」を学んだからと言って、家で料理を作る人間が「食」に関して無関心だったら全く意味が無いし、食生活は変わらないと思います。

ほんとうに「食育」を学ばなければならないのは、家で料理を作る人間で「味」だけではなく食に対する「意識」まで変えなければ、本当の意味での「食育」にはならないと思います。


多くの人が「食の文化」を知らないといけないなってきたと思います。
[PR]
by primo_piatto | 2010-06-06 15:09 | italia/イタリア
さくらんぼの広告
ミラノの地下鉄のホームで見かけた広告です。
b0189103_1833967.jpg


どうですか?
よく見れば見るほど、いい味を出していると思うのですが・・・


最近日本でもSMAPの香取さんがバナナを身に着けて「Doleマン」としてCMに出演していますが・・・

なんか作られている感があり、可愛らしさがないような・・・


イタリアで見かけた食材広告の中でお気に入りの広告でした。

この広告は、モデナ(Modena:モーデナ)の近くにあるヴィーニョラ(Vignola)と言う街のさくらんぼ広告です。
Ciliege.com
[PR]
by primo_piatto | 2010-05-07 02:50 | italia/イタリア
美しすぎる!!!
ウンブリア州のスポレートと言う街にある「Rocca Albornoziana di Spoleto(スポレート・アルボルノツィアーナ城塞)」の中庭でパーティーの準備をやっていました。

b0189103_0571927.jpg


そこに飾られていた花の変わりにガラスの花瓶に飾られていた物が美しすぎました!

b0189103_1754759.jpg


果物を水に漬けただけなのかも知れませんが、すばらしいです!
浮いてこないほどしっかり詰め込んであるのかも。。。


2007年9月22日 スポレート
22.09.2007 Spoleto


これは、食品と言う認識で良いのかな?
少し、悩んでしまいます・・・
[PR]
by primo_piatto | 2010-03-17 02:23 | italia/イタリア
塩。。。sale
sale(サーレ) 塩

「給料」の語源となった「塩」は、イタリアでは欠かせない調味料です。

イタリア料理は、ほぼ塩加減で味が決まります。
簡単に言ってしまうと、塩だけで美味しく作れます。

イタリアで一般的に売られている塩は、「grosso(グロッソ:粗い)」と「fino(フィーノ:細かい)」の2種類が基本です。

パスタを茹でたり、肉の表面に付けたり、下ごしらえに使うのは「grosso(粗い)」塩で、調理中の味付けや仕上げなど細かい調節には「fino(細かい)」塩を使います。

もちろん、使い分けをしなくても料理が出来ます。


イタリアに面白い塩があります。
b0189103_1917253.jpg
写真:原材料に「mare(マーレ)」「sole(ソーレ)」「vento(ヴェント)」と書いてある。

「mare=海」「sole=太陽」「vento=風」という意味です。
これって、すごくしゃれていると思いませんか?

地球の恵みから作られている「塩」を感じられます。

SALE MARINO ARTIGIANALE
昔ながらの作り方の写真を掲載している「i Presìdi italiani」ページへ


完成された料理に直接塩がかかっている場合もあります。

軽く焼かれたマグロの上にかけられているのは、薄い塩の結晶です。
b0189103_3592270.jpg
この料理にかけられた塩が、イタリアで出会った一番感動した塩でした。


いつかまた素晴らしい塩と出会え日が来ることを願っています。
[PR]
by primo_piatto | 2010-03-14 04:16 | italia/イタリア