Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
秋に味わいたいかぼちゃとエビのパスタ。
spaghetti con gamberi e zucca
スパゲッティ・コン・ガンベリ・エ・ズッカ

以前、シエナの街で知り合ったパドヴァ出身の人に聞いたレシピを基に作ってみました。

ただ、彼からはリゾットのレシピを聞いたのですが、少しアレンジをしてパスタにしてみました。

かぼちゃとエビの組み合わせは、イタリアでは一般的ではありません。
パドヴァ近くのマントヴァ(リゴレットの舞台の街)は日本と同じようなかぼちゃの産地なので、マントヴァとヴェネツィアの中間地点のパドヴァの辺りではこのような料理が生まれたのかも知れません。


>>材料<<
・パスタ
・かぼちゃ
・エビ(冷凍で十分です。正式なレシピは小さなエビです)
・ニンニク
・小さな唐辛子
・白ワイン
・オリーブ油
(リゾットの場合は玉ねぎを入れますが、今日は「7」くらいで小さなトマトを入れました)


1:ニンニクを包丁でつぶし、フライパンにニンニク、唐辛子、オリーブ油を入れ弱火にかける。
2:お湯が沸いたら、岩塩を入れ、パスタを茹でる。
3:5mm角くらいにかぼちゃを切っていく。

4:フライパンに入れたニンニクが香ってきたら、エビを入れる。
5:油跳ねに気をつけながら白ワインを入れアルコールを飛ばす。
6:パスタの茹で上がる2分くらい前にパスタの中にかぼちゃを入れる。

7:パスタが茹で上がったら、あまり水気を切らずにフライパンへ入れ絡める。
8:塩気を調整したら出来上がり。


調理時間:かぼちゃがどれだけ早く切れるかで調理時間が変わりますが、、、
15~20分くらい。


今日は、パドヴァ周辺で作られるプロセッコと呼ばれてる発泡白ワインと一緒に食べました。
美味しかったです。

数分しかかぼちゃを茹でていませんがけっこう柔らかくなったので、もう少し長く茹でればかぼちゃがポタージュ状になって、また違う食感になったかもしれません。




b0189103_0104385.jpg

[PR]
by primo_piatto | 2010-10-30 23:56 | primo piatto
<< Marche - DOCG -... 暑いイタリアの甘いご馳走、アー... >>