Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリアのアイス・コーヒー?
ちょっと前までアイス・コーヒーと言うのは日本にしかない物でした。

しかし、イタリアには「caffè shakerato(カッフェ・シェケラート)」と言う冷たくしたエスプレッソがあります。


カッフェ・シェケラートとは、氷と砂糖やガムシロップやリキュールを入れたシェイカーにいれたてのエスプレッソを入れ、しっかりシェークします。

シェークしたエスプレッソは、口の広いカクテル用のグラスに静かに注がれます。

複雑に空気と混ざり合い、表面に浮かんだ泡と滑らかな食感とエスプレッソ独特の香りが楽しめます。
日本でよく見られるアイス・コーヒーとは違い、注がれたグラスに氷が入っていないので薄まっていくことが無いので、最後までしっかり味わえます。

空気を多く含んでいて、細かい泡があるためシェイカーで冷たくしたのにそれほど冷たく感じません。
そして、氷が入っていないので次第にぬるくなっていきます。
しかし、ヨーロッパ圏では、ものすごく冷たい飲み物を飲む習慣が無いので、それほど問題にはなりません。。

b0189103_13161889.jpg
写真:もっとも良く見かけるカッフェ・シェケラート


shakerato(シェケラート)というのは、英語の「shaker(シェイカー)」がイタリア語の過去形に変化して「シェーカーした」と言う感じの意味です。

カッフェ・シェケラートいつごろに出来たのかは詳しくわかっていません。

多くのイタリア人は暑い夏にバールでも普通のエスプレッソを「クイッ」と飲んでいきます。
カッフェ・シェケラートを頼むイタリア人は珍しいかもしれません。

カッフェ・シェケラートは、店によって様々なヴァリエーションがあります。
特に、リキュールが入ると風味とともにアルコールが入るので、注文をする時には「何が入るか」聞いてから注文をしたほうがよいと思います。

b0189103_13203353.jpg
写真:ラーツィオ州のセルモネータで見かけた、独特のカッフェ・シェケラート。

わざと斜めにしたグラスで出された。
泡が非常にクリーミーで口に入れた瞬間、なんともいえない喜びを味わえます。
そのまま放置していると、そこにもともとのエスプレッソが溜まってきてしまうので、ほんのわずかの時間しか楽しめないカッフェ・シェケラートでした。


あのイタリアの乾燥した暑い夏に飲んだカッフェ・シェケラートの美味しさは、今でも忘れられない思い出です。
[PR]
by primo_piatto | 2009-09-05 19:57 | caffè/コーヒー
<< イタリアのとっても美味しいイチジク フィリップ・スタルクのデザイン... >>