Top

イタリアに留学していたクラリネット奏者+元イタリア・スローフード協会会員、奥田英之の食を中心にした話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
bevanda/飲み物
caffè/コーヒー
carne/肉
castagna/栗
cucina povera
colazione/朝食
dolce/デザート
formaggio/チーズ
frutta/果物
latte yogurt/牛乳など
pane/パン
pesce/魚
pizza/ピッツァ
primo piatto
verdura/野菜
vino/ワイン
ristorante osteria
mi piacciono...好きな..
イタリアの郷土料理
italia/イタリア
giappone/日本
foto/トップ画像
Gの思い出・・・
メイン・ページ
ホームページ
vagabondo

1800年代の楽譜
musica musica!

ブログ
settebello
piccolo vagabondo


プロフィール
profilo

グループ
雷神
Quattro Ance
Drie Fonteinen

STRABACCO
















































検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
イタリアのニンニクを知っていますか?
aglio (アーリィオ)


イタリア料理に欠かすことが出来ない食材のひとつだと思いますが、おそらく日本人が思うほどイタリアではニンニクを大量に使わないと思います。

イメージでは、イタリアではニンニクを沢山食べるような感じですが、食べる量は極端に少ないと思います。
イタリア人は、あまりニンニクを好みません。

日本ではニンニクを具の一部として料理をすることが多いですが、イタリアでは香りの一部として料理します。

イタリアの普通のレストランでニンニクの効いた料理を想像して注文すると、肉や魚介類の臭みを消す食材のひとつで香りの一部となってしまうので、日本人の好む量から考えると使う量はわずかで、少し物足りない場合もあると思います。


b0189103_11334896.jpg
写真:ミラノのメルカート(市場)で購入した南イタリアのニンニク。


そういえば、去年のイタリアのニュースに・・・
イタリアの新聞社「ラ・スタンパ(La Stampa)」やニュース番組「TG5」のディレクターをやっていたCarlo Rossella(カルロ・ロッセッラ)は、「ニンニクを使わないレストランを多く作るべきだ。くさくて、吸血鬼のようにニンニクを避けている」と言い、ニンニクを使わないレストランを特集した本まで出版するようです。

カルロ・ロッセッラは、ロンバルディア州パヴィーア近くのコルテオローナ(Corteolona)出身の北イタリアのイタリア人です。


多くのイタリア人は食に対して保守的な人が多く、自分の育った地域の料理、特に母親の作った料理だけを好み、バターやクリーム、大量のニンニクを使った料理は「重い」と言って、口にすらしない人が多くいると思います。


ニンニクが入っていない料理は、味がぼやけてしまうと思うのですが・・・
わずかなニンニクでも入っている方が良いと思います・・・


以前書いたニンニクを使った料理「アーリィオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ」へ
[PR]
by primo_piatto | 2009-05-15 09:29 | verdura/野菜
<< イタリア限定?黒いファンタ ゴルゴンゾーラのリゾット >>